値引き要求に負けない3つの対処法

PAK85こんにちは。集客受注支援協会 代表の西原智です。 

今回は、値引き要求に負けない3つの対処法をお伝えしようと思います。
値引きと言うと、
個人のお客さんでも簡単に要求してこられます。
 
「もう少しだけやすくしてもらえませんか?」とか、
「他社はこの金額だけど、お宅はどうなの?」とか。
 
前者の場合だと、可愛いものなので、
気前よく、じゃあ少しだけマケて上げようという気にはなります。
でも、後者の他社と競争させての値引というのは、
私たちをイライラさせますよね。
 
でも、値引きしないと契約にならないから、
仕方ないから、値引きしないと、、、
 
なんて思う必要はないです!!
 
というのは、
あなたがお客さんに提供する技術やスキルというのは、
当然価値のあるものですよね?
 
記事を読んでおられるあなたなら、
きっとご自身のスキルや技術に誇りをもっておられる事でしょう。
 
何が言いたいかと言うと、
 
それだけご自身のスキルに自信がおありなのですから、
安請け合いしないで頂きたいのです。
 
 
とはいえ、お客さんに
「冗談じゃない!値引きなんてできません!」
なんて、なかな言えませんよね。
 
ケンカになっちゃう可能性もありますし。
それに、できれば契約したいところです。
 
では、値引き要求をされたときにどのような対処をすればよいか?
 
今回は値引き要求に負けない3つの対処法をお伝えします。
スポンサーリンク

1 丁重にお断りする