地域NO1になろうとしてはいけない理由とは?

nno1

こんにちは。
集客受注支援協会 代表の西原智です。

あなたもきっと、目標をたくさん持っておられることでしょう。

その中で、自社の商圏内で、
地域NO1になろうという目標もお持ちである事でしょう。

また、ランチェスター戦略を専門とするコンサルタントが、
「地域NO1を目指しましょう」
と言っているのを聞いた事があることでしょう。

なぜこれだけ地域NO1になる事を伝えているのか?

それは、地域NO1になることによって、
「○○ならあそこだよね~」と言うように、
お客さんに認識してもらえるからです。

そうすれば、
売込まなくても、お客さんの方から自然と、
仕事の依頼が舞い込んでくるからです。

スポンサーリンク

そこで、たとえば、
「デザインで地域NO1になろう」とか、
「技術で地域NO1になろう」とか、
「売上で地域NO1になろう」とか
「顧客満足度で地域NO1になろう」とか。

勝てそうなカテゴリーを見て、
これなら、今NO1だと言っている競合に勝てるぞ!
と言って、自分が打って変わって、
NO1になろうと目指すワケです。

でも、、、、

これには、大きな勘違いがあります。

どんな勘違いと言うと、
自社が1位になりたければ、
今の1位と戦ってはいけないという事です。

何故かと言うと、ちょっと考えてほしいんです。
今現在地域NO1と言っている競合は、
どうしてNO1になれたのか?

実は、ここに1位と戦ってはいけない理由があるのです。
どんな理由かと言うと、
NO1にはNO1たる所以があるという事です。

例えば、デザインが優れているのは、
何度も賞を受賞したような優秀なデザイナーを抱えているから。

技術がNO1なのは、
技能五輪で金メダルを取ったからとか。

要は、今のNO1は、自社で地域NO1を可能にする、
リソースを持っているという事です。

自分がその分野で1位になろうとするという事は、
今の1位とガチンコ勝負になってしまいますよね。

しかも今の1位は、
それなりのリソースがあっての1位なわけです。

つまり簡単に言うと、
同じ土俵で戦っても勝てない。
という事です。

1位には1位を支える独自の強みを持っているからです。

だから今の1位とガチンコ勝負はすべきではありません。

 

では、どうすれば、
そのような今の1位の競合を差し置いて、
自社が地域NO1になる事ができるのか?

その方法は、簡単です。
何かと言うと、
「ここでやり合うなら、勝てる」という場所をまず見つける。
ということです。

スポンサーリンク

例えば、
「自分の要望を聞いてほしい」というお客さんは、
技術を求めているわけではありません。
デザインを求めているわけでもありません。
金額の安さを求めているわけでもありません。

自分の話を聞いてくれる業者さん。
を探しているわけです。

つまり、技術とか、デザインとか、安さという土俵で勝てなければ、
「お客さんの話をよく聞く」という土俵で、
戦えばいいわけです。

ようは、勝ち易きに勝つという事です。

わざわざ負け戦をしにいくのではなくて、
ここなら勝てるという場所を見つけて、
そこで勝負するわけです。

そして、自分より弱そうな競合がいたらこうして下さい。

弱い競合が打ち出している事を抑える。
そして、自社ならではのリソースを使って勝ちにいく。

こうする事で、
自社がより有利な状況で戦う事ができます。

間違っても1位にガチンコ勝負をいどんではいけません。

勝とうと思ったら、
勝てる場所で勝つ!

これが鉄則です。

集客受注支援協会 代表 西原智

PS
勝てる場所の探し方は、
「理想のお客さんが何を求めているか?」
をリサーチすれば見つける事ができます。

地域NO1になるにせよ、なんにせよ、
顧客リサーチが最も重要です。

お客さんが求めていないもので、
NO1になっても意味がないので。

造園・外構・住宅リフォーム、集客受注支援協会の代表。 脱下請けや、個人のお客さんから継続敵に仕事を得ていくための、集客法や受注法を教える専門家。自身も造園業をこなしており、自身でも5年で累計1億7000万円以上を売り上げた実績がある。自身での経験からくる、造園・外構・住宅業の集客法や営業法や、インターネットを使った集客を教える他、問合せのくるホームページのアドバイスや、集客代行など、造園・外構・住宅リフォーム業に関わる、集客と営業の総合的な支援を行っている。  

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

造園・外構・住宅リフォーム、集客受注支援協会の代表。 脱下請けや、個人のお客さんから継続敵に仕事を得ていくための、集客法や受注法を教える専門家。自身も造園業をこなしており、自身でも5年で累計1億7000万円以上を売り上げた実績がある。自身での経験からくる、造園・外構・住宅業の集客法や営業法や、インターネットを使った集客を教える他、問合せのくるホームページのアドバイスや、集客代行など、造園・外構・住宅リフォーム業に関わる、集客と営業の総合的な支援を行っている。